すぐにお金が必要になった場合は?

どうしてもすぐにお金が必要な場合もあると思います。ですが銀行や消費者金融にも営業時間があります。24時間365日いつでも借り入れが出来れば大変便利ですが、特に土日や祝日では難しいことが多いです。

 

まず店頭自体が営業していません。それでも中には土日や祝日でもキャッシングが可能な方法も存在します。

 

最短時間で借入れできるキャッシング
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日融資!スピードキャッシング

 

ネットバンキングを利用する

まず1つ目は、銀行のネットバンキングを利用する方法です。同じ銀行に口座を持っている場合、すぐに振り込み処理が行われますので、即その口座に反映されます。その後に24時間対応しているコンビニのATMからいつでも現金を引き出すことができます。

 

自動契約機を利用する

2つ目は消費者金融の自動契約機を利用する方法です。申し込み後の審査が営業時間内に終了した場合、その場でキャッシング用のカードが発行されます。これは土日、祝日を問いません。そのカードを使い、消費者金融のATMはもちろん、全国のコンビニのATMからでも現金を引き出すことができます。

 

即日融資をする場合

即日のスピードキャッシングを希望する場合、審査が行われる時間内に申し込みを完了する必要があります。どの消費者金融でも21時まで対応していることがほとんどですが、審査の内容によっては時間が掛かることがあります。これが時間内に終わらない場合、実際にキャッシングができるのは後日になってしまいます。

 

ですのでなるべく早く申し込みをすることが大切です。その日の午前中に申し込み手続きを完了させることができれば、即日キャッシングができる可能性が高くなります。審査の時間は早い場合は30分程度で済みますが、もちろんそれ以上掛かることもありますので、自動契約機の営業時間が終わってしまう2時間前までには申し込みを完了させたいところです。

 

また、事前にインターネットからの申し込みをしておく方法があります。審査の結果が出た後に自動契約機を使用すると、その場でキャッシング用のカードが発行されます。それを使ってその場でキャッシングが可能です。もちろんコンビニのATMでも使用することができます。平日で銀行の営業時間内に審査が終了した場合、口座振り込みでの融資を受けることも可能です。

 

インターネットの場合、申し込み自体は24時間可能ですが、審査が行われる時間は自動契約機から申し込みをした場合と同様ですので、こちらの場合もなるべく早く申し込みを行ってください。審査の結果が出た後に自動契約機まで行けばいいので、審査の間、契約機の前で時間を潰している必要がなくなります。このように消費者金融からのスピードキャッシングは、申し込み時間にさえ気をつければそう難しくありません。

コンピュータによる審査は早いのが特徴です

キャッシングをする際には審査が行われますが、審査の手順としては初めにコンピュータで審査を行ない、その後人間によって行われることになっています。

 

キャッシングに申し込むとなった場合には、書類を提出することになりますが、そこには申込者の1年間の収入、どこに勤めているかといった他にも既婚者か独身者か、他にもどこか借りている会社があるか?等、人間が隅々までチェックしていたのでは非常に時間がかかってしまいます。

 

そのため、コンピュータによる審査を取り入れることで、質問内容に対する回答にそれぞれに点数を付けてそれを合計するという作業が簡単に行うことが出来るようになるのです。

 

どうすれば審査に通りやすくなる?

 

コンピュータによる審査は適格に利用者を判断します

前述のように点数を合計して審査を行うといった作業は、お金を貸し出しているところであれば、ほぼ同じようなシステムを利用しており、人間がチェックするよりも短時間で審査の結果が出ると言われています。点数に影響する項目としては、それ以前にどこから借りていて、きちんと返済を行なっているか?等といったことも対象となっています。

 

このように点数を付けることによって、返済が行われなく可能性を自動的に計算したり、どれぐらいまでなら、貸しても問題ないか?といったことまで知ることが可能となるのです。ですから、自分が希望した額よりも借入可能な金額が少なくなったり、金利を上げられたりすることも考えられるということを頭に入れておきましょう。そして、上記の場合はまだ借入が出来るので良い方ですが、悪い場合ですと借入すら出来ない場合もあります。

 

例えば、金利を低く設定している方から返済が行われないとなると、貸している方からすれば高く設定している方と比べ、被害が大きくなってしまいます。それを防ぐためには審査を厳しくせざるを得なく、消費者金融と比べ、銀行の審査が厳しいというのは、銀行が金利を低く設定しているためであります。

 

コンピュータによる審査で全てが決まるわけではありません

冒頭でコンピュータによる審査と人間による審査の2つがあるというお話をしましたが、消費者金融ではコンピュータによる審査で合格出来れば、ほぼ合格したものと考えてよいでしょう。ですが、折角そこで合格しても会社からの確認のための電話に出られなかったり、源泉徴収票等の書類を出すのをためらったりすると、逆に審査で落とされる確率が高くなってしまいますので、正式に合格が出るまでは気を緩めてはいけません。

 

消費者金融が行う審査で落とされる方の理由として多いのは、こういった書類や電話が原因と言われているぐらいです。一方、銀行ではどうかというと、銀行は消費者金融とは違い、審査では事細かくチェックしていくことになるので、どうしても時間を要してしまいます。

 

有名な消費者金融の審査では申し込んだ当日に審査の結果が出るところが多いですが、銀行となると、7日以上かかってもまだ出ていないということも十分考えられます。さらに言うなら、たとえ審査結果が出ていたとしても、当日中にお金を受け取れるという保証すらないのです。

 

いくら消費者金融でも早めに申し込むことに越したことはありません

消費者金融は基本的に早くお金を受け取ることが出来ますが、それでも銀行の口座への振込みを希望する場合には午後2時までには申し込みを済ませておきたいところです。ただ、振込みを希望しない場合には、自動契約機を利用することで午後2時を過ぎたとしても当日中にお金は受け取れます。

 

このように自動契約機は非常に便利であり、各種証明書類を提出したり、キャッシングのカードを受け取ることも可能となっています。そして、その受け取ったカードを使えば、コンビニ等ですぐにお金を受け取ることも出来ます。

 

しかし、お申し込みからの工程を自動契約機で済ませようとすると、審査の結果が出るまで全部で1時間近くはかかってしまうので、審査をインターネットで終わらせてから、自動契約機に足を運んだ方が効率的ですので、これは、ぜひ覚えておいて頂きたい事項であります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日